個人再生手続き(民事再生) メリット デメリット

個人再生手続き(民事再生)のメリットとデメリット

個人再生手続き(民事再生)のメリットとデメリットについて教えてください?

 

 

 

個人再生手続き(民事再生)の、メリットは、

 

借金を大幅に減額した上で、原則3年,特別な事情があれば5年で返済していくことができる

 

資産(住宅)を処分しなくてもいい

 

ただし、住宅ローンについては元本の減額も利息の免除もありません。

 

資産があるだけ最低返済額は増えることになります。

 

ギャンブル、浪費、FX、株の先物取引のような理由の借金でも個人再生(民事再生)は可能である。

 

個人再生手続き(民事再生)も申立をおこなったからといって、資格制限を受けることはない。

 

 

個人再生手続き(民事再生)の、デメリットは

 

名前が官報にのるので、バレル可能性は否定できない

 

信用情報に事故情報として名前がのるので、一定期間、ローンやクレジットカードの利用ができない

 

全債権者を平等に扱わなければならないので、保証人とかいた場合は、迷惑がかかる

 

借金が大幅に減額されるといっても、返済が全額免責されるわけではない。所有している財産の価値以上の金額は、借金の返済をしなくてはならない。

 

裁判所に書類を提出するので、書類を作成したり、必要な資料も集める必要がある

 

裁判所に申し立てをおこなってから、返済が始まるまで、6カ月くらいかかる

 

 

 

 

個人再生手続き(民事再生)のメリットとデメリットとは?l借金問題相談

地元の弁護士に無料相談できますよ!

個人再生手続き(民事再生)のメリットとデメリットとは?l借金問題相談関連エントリー

個人再生手続き(民事再生)は、どんな制度ですか?l借金問題相談
個人再生手続き(民事再生)は、どんな制度かについて解説
個人再生手続き(民事再生)は、どのような人が利用しますか?
個人再生手続き(民事再生)は、どのような方がこの制度を利用しますか?
個人再生手続きと自己破産との違いはなんでしょうか?
個人再生手続きと自己破産とはどう違うんでしょうか?
小規模個人再生手続きとは、どんな制度ですか?
借金問題解決のための小規模個人再生手続きとは、どんな制度ですか?
給与所得者等再生手続きとは、どんな制度ですか?
借金問題解決のための給与所得者等再生手続きとは、どんな制度ですか?
給与所得者等再生手続きの給与所得者とは?
給与所得者等再生手続きの場合の給与所得者となんですか?は、
小規模個人再生手続きと給与所得者等再生手続きの違いとは?
小規模個人再生手続きと給与所得者等再生手続きは、どのように違いますか?
個人再生手続きをするとローンのある車や住宅はどうなりますか?
個人再生手続きをおこなった場合、現在ローンの返済を続けている自動車やマイホームは、どうなりますか?
個人再生手続きをすると住宅ローンの(連帯)保証人に迷惑がかかりますか?
個人再生手続きをおこなった場合、住宅ローンの(連帯)保証人に影響がありますか?教えてください。
個人再生手続きを利用すると債務(借金)は、すべて大幅に減額されますか?
個人再生手続きをおこなった場合、債務(借金)は、すべて大幅に減額されますか?
個人再生手続きにおけるハードシップ免責とはなんですか?
個人再生手続きにおけるハードシップ免責とはなんですか?
個人再生手続きの再生計画どおり借金の返済ができなくなるとどうなりますか?
個人再生手続きの再生計画の遂行が困難となると、どうなりますか?
住宅資金貸付債権に関する特則(住宅ローンに関する特則)を利用する為の条件とは?
住宅資金貸付債権に関する特則(住宅ローンに関する特則)を利用する為の条件は、なんですか?