個人再生手続き 住宅ローン 保証人

個人再生手続きが住宅ローンの保証人に及ぼす影響について

借金問題解決のために個人再生手続きをおこなった場合、(連帯)保証人に迷惑がかかりますか?

 

 

 

 

借金の返済が苦しくなって、個人再生手続きを利用した場合、借金は大幅に減額されます。

 

しかし、再生計画の効力は、(連帯)保証人に及びませんので、減額される前の金額の借金の返済義務があります。

 

したがってその借金に(連帯)保証人がいれば、債権者は、(連帯)保証人に支払いの請求をしてきますし、支払う義務があります。

 

払えなければ、(連帯)保証人も債務整理(任意整理・特定調停・個人再生・自己破産)をおこなう必要がでてきます。

 

個人再生手続きをおこなう場合は、事前に(連帯)保証人とよく話し合いましょう。

 

しかし、住宅資金貸付債権(住宅ローン)に関する特則を受けた住宅ローンについては、住宅ローンの元本も金利も減額されてませんし、再生計画の効力が(連帯)保証人に及ぶので、支払い義務は生じません。

 

つまり、個人再生手続きをおこなうと、一般の債権(借金)の(連帯)保証人は、返済義務を生じてくるけど、住宅ローンの(連帯)保証人は返済義務を生じないということになります。

 

詳しくは、専門家に無料相談してみてください。

 

 

個人再生手続きをすると住宅ローンの(連帯)保証人に迷惑がかかりますか?l借金問題相談

地元の弁護士に無料相談できますよ!

個人再生手続きをすると住宅ローンの(連帯)保証人に迷惑がかかりますか?l借金問題相談関連エントリー

個人再生手続き(民事再生)は、どんな制度ですか?l借金問題相談
個人再生手続き(民事再生)は、どんな制度かについて解説
個人再生手続き(民事再生)のメリットとデメリットとは?
個人再生手続き(民事再生)のメリットとデメリットは、なんですか?
個人再生手続き(民事再生)は、どのような人が利用しますか?
個人再生手続き(民事再生)は、どのような方がこの制度を利用しますか?
個人再生手続きと自己破産との違いはなんでしょうか?
個人再生手続きと自己破産とはどう違うんでしょうか?
小規模個人再生手続きとは、どんな制度ですか?
借金問題解決のための小規模個人再生手続きとは、どんな制度ですか?
給与所得者等再生手続きとは、どんな制度ですか?
借金問題解決のための給与所得者等再生手続きとは、どんな制度ですか?
給与所得者等再生手続きの給与所得者とは?
給与所得者等再生手続きの場合の給与所得者となんですか?は、
小規模個人再生手続きと給与所得者等再生手続きの違いとは?
小規模個人再生手続きと給与所得者等再生手続きは、どのように違いますか?
個人再生手続きをするとローンのある車や住宅はどうなりますか?
個人再生手続きをおこなった場合、現在ローンの返済を続けている自動車やマイホームは、どうなりますか?
個人再生手続きを利用すると債務(借金)は、すべて大幅に減額されますか?
個人再生手続きをおこなった場合、債務(借金)は、すべて大幅に減額されますか?
個人再生手続きにおけるハードシップ免責とはなんですか?
個人再生手続きにおけるハードシップ免責とはなんですか?
個人再生手続きの再生計画どおり借金の返済ができなくなるとどうなりますか?
個人再生手続きの再生計画の遂行が困難となると、どうなりますか?
住宅資金貸付債権に関する特則(住宅ローンに関する特則)を利用する為の条件とは?
住宅資金貸付債権に関する特則(住宅ローンに関する特則)を利用する為の条件は、なんですか?