個人再生(民事再生)に関するQ&A

個人再生(民事再生)に関するよくある質問Q&Aです。

 

 

個人再生(民事再生)に関してよくある質問について回答したものである。

個人再生(民事再生)に関するQ&A記事一覧

個人再生手続き(民事再生)は、どんな制度ですか?l借金問題相談

個人再生手続きとは、どのような制度でしょうか?個人再生手続きは、たとえば500万の借金のある人が、実際に支払える金額、3年間で180万円(毎月5万円)を返済するという再生計画をたて、裁判所がこの再生計画を認めて計画どおり3年間返済すると、残りの320万円は支払わなくていいという制度です。この制度が利...

≫続きを読む

 

個人再生手続き(民事再生)のメリットとデメリットとは?

個人再生手続き(民事再生)のメリットとデメリットについて教えてください?個人再生手続き(民事再生)の、メリットは、借金を大幅に減額した上で、原則3年,特別な事情があれば5年で返済していくことができる資産(住宅)を処分しなくてもいいただし、住宅ローンについては元本の減額も利息の免除もありません。資産が...

≫続きを読む

 

個人再生手続き(民事再生)は、どのような人が利用しますか?

個人再生手続き(民事再生)を利用する人は、どんな人ですか?個人再生手続き(民事再生)をおこなう人は、無担保債務総額が5000万円(住宅ローンは除く)以下の個人で・住宅ローンのある住宅を保有しつづけたい人  その他の車とかローンのある財産は、もっていかれます・任意整理は無理で、どうしても自己破産するの...

≫続きを読む

 

個人再生手続きと自己破産との違いはなんでしょうか?

個人再生手続きと自己破産との違いはなんですか?自己破産と個人再生手続きとでは以下のような違いがあります。<借金の金額>自己破産の場合は、負債の金額に制限はありませんが、個人再生手続きの場合は、住宅ローンをのぞいた無担保の負債が5000万円以下という制限があります。自己破産は、現金99万円と家具衣服以...

≫続きを読む

 

小規模個人再生手続きとは、どんな制度ですか?

借金問題を解決するための小規模個人再生手続きとは、どのような制度ですか??小規模個人再生手続きと、一定の収入があるサラリーマンや個人事業主、農家などの個人が、住宅ローンを除く、無担保の債務が5000万以下のときに、ある程度の借金の返済をすることで、生活の再生をさせることを目的とした制度です。再生計画...

≫続きを読む

 

給与所得者等再生手続きとは、どんな制度ですか?

借金問題を解決するための給与所得者等再生手続きとは、どのような制度ですか??給与所得者等再生手続きとは、給与所得者がある程度の返済を原則3年することで、のこりの債務を免除し、債務者の経済生活の再生を目的とした制度です。申立できる債務者とは、個人であること住宅ローンを除く無担保の債務が5000万以下で...

≫続きを読む

 

給与所得者等再生手続きの給与所得者とは?

個人再生の給与所得者等再生手続きの給与所得者とはなんですか?個人再生の給与所得者等再生手続きの給与所得者とは、給与またはそれに類する定期的な収入を得る見込みのある人をいいます。収入の変動の幅が小さいことが必要で、年収が前年と比較して20%以内がだいたいの目安といわれていますが、ケースバイケースといわ...

≫続きを読む

 

小規模個人再生手続きと給与所得者等再生手続きの違いとは?

小規模個人再生手続きと給与所得者等再生手続きの違いとは、どのようなものですか?小規模個人再生手続きと給与所得者等再生手続きの違いは、以下の通りです。項目名1小規模個人再生手続き給与所得者等再生手続き債務の金額住宅ローンを除く無担保の債務が5000万円以下住宅ローンを除く無担保の債務が5000万円以下...

≫続きを読む

 

個人再生手続きをするとローンのある車や住宅はどうなりますか?

借金問題解決のために個人再生手続きをおこなった場合、まだローンの支払いのある車や住宅は、どうなりますか?自動車ローンの残っていない車については、個人再生手続きをおこなっても、車は所有したままでいられます。しかし、ローンの残っている車については、ローンを支払い終えるまでは、通常、所有権はローン会社に留...

≫続きを読む

 

個人再生手続きをすると住宅ローンの(連帯)保証人に迷惑がかかりますか?

借金問題解決のために個人再生手続きをおこなった場合、(連帯)保証人に迷惑がかかりますか?借金の返済が苦しくなって、個人再生手続きを利用した場合、借金は大幅に減額されます。しかし、再生計画の効力は、(連帯)保証人に及びませんので、減額される前の金額の借金の返済義務があります。したがってその借金に(連帯...

≫続きを読む

 

個人再生手続きを利用すると債務(借金)は、すべて大幅に減額されますか?

個人再生手続きをおこなった場合、債務(借金)はすべて減額されますか?個人民事再生手続きを利用すると、債務(借金)は、大幅に減額されますが、すべての債務(借金)が削減されるわけではありません。個人民事再生で、減額の対象となる借金は、再生債権といわれます。下記のものは、再生債権から除かれます。抵当権など...

≫続きを読む

 

個人再生手続きにおけるハードシップ免責とはなんですか?

個人再生手続きにおけるハードシップ免責とはなんですか?ハードシップ免責とは、個人再生手続きの再生計画のどおりの返済が困難になったときに、裁判所の免責決定を受ければ、その後の債務の返済は免責されるという制度です。ハードシップ免責が認められるには、以下の要件が必要です。1)会社が倒産して再就職がきわめて...

≫続きを読む

 

個人再生手続きの再生計画どおり借金の返済ができなくなるとどうなりますか?

個人再生手続きで認可決定された再生計画どおり返済ができなくなった場合は、どうなりますか?個人再生手続きをおこなって、再生計画が認可決定すると、計画どおり債務の返済を続けていくことになります。再生計画における債務の返済期間は、通常は3年で、例外的に5年となっています。この期間の間に、給与の下落、失業し...

≫続きを読む

 

住宅資金貸付債権に関する特則(住宅ローンに関する特則)を利用する為の条件とは?

住宅資金貸付債権に関する特則(住宅ローンに関する特則)は、どういうときに利用できますか?住宅資金貸付債権に関する特則(住宅ローンに関する特則)を利用することのできるのは、以下の条件を満たしているときです。経済的に困窮してる人で、継続反復的に収入の見込みがある人無担保の負債総額が5000万円以下の方(...

≫続きを読む